Tシャツで

    分娩の変化

    現在、無痛、麻酔、誘発などの分娩方法で出産する人もいる中、産婦人科ででなく、昔のように自宅で出産する人もいます...

    Readmore
    妊娠した女性

    工夫することで得られるメリット

    少子化で子供の数が減り、産婦人科で分娩ができる場所も減ってきています。1人目の時、出産した病院は、2人目を授か...

    Readmore
    お腹さすり

    最近の産婦人科

    最近の傾向としては、昔と違って立会出産を希望する夫婦が増えていると思います。私は若い時は出産は一人で頑張るもの...

    Readmore
お腹さすり
Tシャツで
妊婦たち

最近の産婦人科

お腹さすり

最近の傾向としては、昔と違って立会出産を希望する夫婦が増えていると思います。
私は若い時は出産は一人で頑張るものと思っていましたが、今だったら不安ですし、例え何も出来なくても近くにいて欲しいと思う気持ちに変わりました。
夫にも分娩時から父親として自覚を持って欲しいという気持ちや、一人じゃなく二人で頑張りたいという気持ちは多くの女性が持っていることと思っています。
痛みや恐怖から逃れることが出来ない、産むという事は女性しか体験できない為、夫に相談もできず不安で仕方ないのです。 (さらに…)

分娩の変化

Tシャツで

現在、無痛、麻酔、誘発などの分娩方法で出産する人もいる中、産婦人科ででなく、昔のように自宅で出産する人もいます。
問題なく妊娠経過を過ごせていれば、家族皆に囲まれて新しい命を住み慣れた自宅で出来るほど素敵なことは無いと思っています。
出産には当然痛みや恐怖があります。
女性は皆さんそのような思いを抱いていると思います。
今はそういう思いを受け女性の気持ちを汲んでくれる分娩方法があり、病院によって希望できることにとても安心感が持てます。
昔は当然、普通分娩か分娩時にどうしても継続出来ないのであれば帝王切開しかありませんでした。 (さらに…)

出産方法

妊婦たち

妊娠・出産に無くてはならないのが、病院の産婦人科です。
妊娠の確定から、検診、お産、お産後の身体のケアまでトータルすると一年弱は産婦人科に通うことになります。
最近では産婦人科以外にも助産院で医師を伴わずにお産したり、自宅に助産師を呼び寄せてお産する方法、すなわち一昔前に行われていた方法と同じ分娩スタイルをとる妊産婦も増えてきています。
何故、病院での分娩を希望せずに助産院や自宅出産を希望するのでしょうか。
そこには病院と助産施設の違いに魅力を感じている人が多いからです。
両者とも「赤ちゃんを出産する」という事はおなじことですが、一番の違いは医師がいるか否か、という事です。
医師がいなければ医療行為もできません。 (さらに…)

カレンダー
2014年12月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031